「乾杯〜!!」

日常的な音頭とともに、今日も宴が始まった。

いつも通り交わされるグラスと、相変わらずの喧騒。

ただひとつ、いつもと違うものがあった。

辺り一面の、桜。

立ち寄った島が丁度桜の見頃を迎えていたことは、宴好きのクルーにとって格好の理由となった。


旨い酒と美しい桜、そして愛しい・・・


「あ?」

さっきまで隣で飲み食いしていた、俺の可愛い小娘が消えている。

どこいった・・・

きょろきょろと辺りを見回すと、その姿はすぐに見つかった。


他のクルーに酒をついでる。

彼女はそいつに擦り寄って


「ってオイ!!!!!」

酒の入ったグラスを持ったまま、彼女の方へ進む。

「何してやがる・・・」

「お頭ァ!こいつ桜の酒が珍しくて酔っ払っちまったみてぇで!!」

焦って言い訳かましてるそいつの横から、頬を桜に負けじとピンク色に染めた彼女が声を発した。


「シャンクスらぁ!」

勢いよく立ち上がり、そのまま俺の腰に腕を回して抱きつく。

「こっち来い」と彼女を元居たところまで連れていけば、ためらいもなく俺の膝の上に腰を落ち着けた。


「飲み過ぎだぞ、俺以外の奴にべたべたすんな。」

そう言ってぽんぽんと頭を撫でると、叱られてるくせに嬉しそうにこちらを見上げて笑う。

そんな彼女の髪に、ひらりと花びらが一枚舞い降りた。


とってやろうと触れた指先で、そのまま髪をすいてやる。

後頭部まで持ってきた手で頭をこちらへ抱き寄せて

誰も気づかないほど小さくその唇にキスを落とした。

ふにゃりと笑って眠りに落ちた君は



----俺の手中の眠り姫


一生離さねェから、覚悟しとけよ?


俺の隣で寝ろよ



[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ