多分、君を愛してた。



きみと過ごした日々
わたしは忘れない、忘れられない

それは、きっと....



きみを愛していたからだ



ねぇ?
君がいなくなってから気付くなんて

…なんとも滑稽で仕方ないんだ。







*


ブックマーク|教える
訪問者4077人目




©フォレストページ