Lunatic†Raid
まだ、世界の果てが
誰の目にも―
誰の足にも―
触れられていない時代。


世界の全てを支えているのが、「ユグドラシル」と呼ばれる1本の巨木であると考えられていた。

人々は、畏怖と敬服と崇拝を込めて、この巨木を「神木」・「世界樹」・「世界の主軸」などと呼んだ。

ユグドラシルは、起源も知られず、ラグナロク(最終戦争)を越えて生きのびる永遠の木である。

この物語は、ユグドラシルが分かつ九つの世界の第一階層・・・

そして、ラグナロク(最終戦争)のずっと前…

隻眼の知者オーディンが統べる先住民
火の国アースガルド

フレイ・フレイアの双子の兄妹が治める
水の国ヴァナヘイム

そして異世界と思われていた女王ダヌの
森の国ティル・ナ・ノグ
を舞台としている。

そして、これら3つの国の争いを、後の人は「ルナティックレイド」と呼んだ。

しかし、このルナティックレイドの後に来るラグナロク(最終戦争)の記録が残る中、その陰に隠れてしまったのか…

世界で最初の戦争と呼ばれた
この「ルナティックレイド」の記録は殆どない。
Lunatic†Raidに参加する

フォレストページランキング ゲーム版


ブックマーク|教える
訪問者715人目




©フォレストページ