夢夢風鈴

私は知らない

大事な彼が 傷ついている姿を

彼は教えてくれない

私に何も教えては くれない

だから 私は待っているんだ

いつか いつか 教えてくれるのを

待っている
ぷろふ
ぶろぐ
夢小説
裏小説
Myアルバム

ねぇ、冬獅郎



       あたしのこと好き?


ブックマーク|教える
訪問者3896人目
最終更新日 2008/02/23




©フォレストページ