儚き想いに集う心






後悔なんてしたくない




だから俺は




貴女を守る為に




全てを捨てる




貴女の言葉が




胸を締め付ける





“時々私は、思うんだ”


“私たちは生まれる”


“ずっと前・・・”


“一つの命分け合って”


“生きていたんじゃ”


“ないかって・・・”



“だって体が離れても”


“心は今もすぐ傍に感じる”






最初処
扉を開く
皆集処
集思塊




見送った


細い背中


手を伸ばしても


届く事はなくて


風に想いを乗せた



貴女に届くようにと・・・


ブックマーク|教える
訪問者1504人目

最終更新日 2008/02/19





©フォレストページ