+ ♪ +

□ふたりごと
1ページ/1ページ


今から お前に何話そうかな?
どうやって この感じ伝えようかな

少し長く掛かるかもな
でもね 頑張ってみるよ

神様も きっとびっくり
人って お前みたいに出来てない

今世紀最大の突然変異って位に
お前は美しい


そんな お前の父ちゃんと母ちゃんの
心と心くっつきそうな程

近くに居た二つの想いと
想いがちっぽけな時間なんてモノのせいにしては

いつしか目と目も合わさず
もう二度と聞こえない"ただいま"

そんな二人 お前見つめる
うるっとした瞳で こう呟く


「私の命 二人の愛の証そこには
一つだって嘘はないそうでしょう?
…そうだと言ってよ」

「二人に愛は もうないと言うなら
私の命は全て嘘に変わり
"時"に嘘つかせないで…」

あの日二人交わした約束を
今に繋ぎ止める 光りが今の君なの

「父よ、母よ」と震う声も
二人を見て流るる その涙も
半分コずつ もらったのに

君がこの世に生まれた
奇跡を信じれないという

君と僕とが出逢えた
奇跡を信じれないという


同じ所に空けたピアス
お前のだけ やけに光ってみえる

俺も いつか輝くかな
お前みたいに世界愛せるかな?

俺の心 滅びようとも
醜く朽ち果て 息引き取ろうとも

その最期の一瞬だけでも
お前が見てた世界 見てみたいの


もう決めたもん 俺とお前
50になっても同じベットで寝るの

手と手合わせてたら血も繋がって
一生離れなくなったりして

こんな夢を いつまでも見よう
醒めなければいいって事にしとこう

醒めるから夢と呼ぶんでしょう?
って言うなら他に名前つけよう

君と書いて"恋"と読んで
僕と書いて"愛"と読もう

そうすりゃ離れそうもないでしょ
いつか そんな歌つくるよ

君と僕が出逢えた事
人は奇跡と呼んでみたいだけ
奇跡が生んだ このホシで
起こる全て奇跡以外有り得ないだろう


六星占術だろうと大殺界だろうと
僕が木星人で君が火星人だろうと
君が言い張っても

俺は地球人だよ いや、でも
仮に木星人でも
たかが隣の星だろう?

一生で一度のワープを ここで使うよ

君と僕とが出逢えた
奇跡を信じてみたいんだ

君と僕が出逢えた事が
奇跡だろうと何だろうと
ただ"ありがとう"

君は言う奇跡だから
美しいんだね 素敵なんだね
 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ