+ ♪ +

□造花が笑う
1ページ/1ページ



味気ない花の色に染められた
あの人の眼には何が映るだろう

変わり始めてる青い鳥の声
音が揺れたとて誰が気付くか

God damn,I damn. God bless,I bless.
そう隠し続けてく

God damn,I damn. God bless,I bless.
そう進みゆく意味も無く

遥か丘で 花が笑う
月明かり背に 俯く様を
朧げ夢夜 覚えているか?


絡み出す絹のリボンの様だと
深く眼をつむり君は何を知る?

空を仰いでる霞み出す空を
此処じゃ鼻歌もモノクロに変わる

God damn,I damn. God bress,I bress.
そう隠し続けてく
God damn,I damn. God bress,I bress.
そう進み行く意味も無く

懐かしき日 あの暁
涙落ちる ただサラサラと
oh 染み渡る夜にふとくらむ


何かが咲いて 何かなくした
進むなかれと 響くなかれと
朧げ夢の晴れた日に帰ろう 帰ろう

遥か丘で 花が笑う
月明かり背に 俯く様を
朧げ夢夜 覚えているか?

何故か輝く月に落とされ
この俯く様を ただ無機質な花が笑う
 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ